50代が使っている人気オールインワンゲル【2選】

最近のコメント

    50代で美肌を保つにはコストがかかる!?そう思っていませんか?
    高いブランドのアンチエイジングラインを使わないと50代の肌は無理!?
    もしそう思っているならこの記事を読んでみてね♪

    50代の肌の状態を考える!

    30代、40代は睡眠を良くとってこっくりした美容液を付ければすぐ回復した肌。
    50代になるとほとんど回復しませんよね?その一番の理由は肌の乾燥です。肌の代謝が悪くなりターンオーバーの周期が長くなるとどんどん肌トラブルは増えていきます。

    さらに、50代は更年期、閉経を迎える時期。この時期は美肌にとって大きな影響を及ぼす女性ホルモンが急激に少なくなるタイミングでもあります。

    では、そんなお肌の危機を迎える50代のスキンケアで大切なものは何でしょうか?
    実は、潤いやコラーゲンなどを補うのではなく、自らの肌が潤いを作り出せるようにするスキンケアが50代には欠かせません。

    自らの肌が潤いを作り出すためのスキンケアとは?

    では、潤いを補うのではなく自らの肌細胞が潤いを作れるようにするスキンケアとは何か?その成分は?についてお話しますね。

    50代の肌はターンオーバー周期が乱れ、肌細胞の新陳代謝が崩れているといます。さらに美肌に必要な女性ホルモンが激減し、潤いを保つことができなくなっています。なら、潤いを与えればいいじゃないの?と思うかもしれませんが、おそらく濃厚な美容液や高価な基礎化粧品を使っても一時的な効果しかなく、使わなくなるとまたすぐ元に戻ってしまうという経験はありませんか?

    これから先ずっと高価な美容液やクリームを使い続けるのは経済的にも負担になりますし、第一与えて肌が蘇っている訳ではないのです。あくまで対処療法。

    そこで、50代のスキンケアで一番重要なのは自ら潤えるように肌細胞を刺激できるか?なんです。大きく分けると次の2つの成分が潤いを自ら作り出せるようになるために絶対必要です。

    ビタミンC(アスコルビン酸)

    ビタミンCが肌に良いのは誰でも知っていると思いますが、このビタミンCにも多くの種類があるのです。一般的に言うビタミンCとはビタミンビタミンC誘導体の事ですがこれでは肌細胞から潤う事はできません。ピュアビタミンというもっと高濃度のビタミンCでないとダメなんです。

    この高濃度のビタミンCが配合されて、医学的にも効果が実証されているオールインワンゲルが「リペアジェル」なんです。なんと水を1滴も使っていない本物の美容液です。使ってみて感じるのがまず乾燥しなくなった!ということ。この乾燥が50代の肌トラブルの根源になっているのです。シミ、しわ、ほうれい線、毛穴の開き・・が見違えるという経験を管理人の私も実際に体験しました。今でも愛用しています。まず、1か月使うと「これが自分の肌??」と思うでしょうね^^おすすめです。

    発酵エキス(納豆菌・米ぬか)

    ビタミンCと同じように自ら潤える肌にするために良く使われるのが発酵エキス。中でも米ぬかはライスフォースなどの乾燥肌用化粧品でも使われるメジャーな成分ですが、それに納豆菌を独自で組み合わせて凄く評判がいいのが「アイムピンチ」です。知る人ぞ知る隠れたアンチエイジング化粧品です。

    芸能人のブログでも良く取り上げられている濃厚美容液。オールインワンとしても使えちゃいます。

    リペアジェルとアイムピンチどちらを選ぶ?

    では、ビタミンCが主成分のリペアジェルと発酵エキスが主成分のアイムピンチどっちを選べばいいの?という事ですが、シミ、小じわなど肌全体がダメージを受けているならリペアジェルが無難。

    小じわが気になる、潤い不足かなぁという程度ならアイムピンチというような棲み分けになると思います。

    後は、肌との相性は絶対にあるのでまずはトライアルで使い比べてみることをお勧めします。アンチエイジング系は長い期間使うので絶対に最初は本製品を買わずにトライアルで肌との相性を見るのが鉄則。結構成分濃度が強いので、合わない人は合わないので・・

    管理人的にはリペアジェルを数年使っていて、まったく以前の肌質と激変して潤い肌を継続中です。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加