ご存知でしたか?肌にアミノ酸が必要な理由

最近のコメント

    siwa

    アンチエイジング美容液として医学会でも価値が認められているリペアジェル。リペアジェルの柱となる成分はビタミンC生命体とアミノ酸生命体の2つがあります。

    ビタミンCが肌にいいことは分かるけれど、アミノ酸がなぜ肌に必要なのか分からない…。そんな方のためにアミノ酸がどのように肌に作用するか、なぜアンチエイジングに必要なのかを分かりやすく解説したいと思います。

    アミノ酸が肌に必要な理由

    アミノ酸とはたんぱく質の一種。人間の体の細胞を作っているのもアミノ酸です。プロテイン(たんぱく質)やアミノ酸はスポーツドリンクなどにも含まれていますよね。アスリートの中でも愛飲している人がたくさんいます。このアミノ酸がなぜ肌にいいかというと、肌のハリを保つコラーゲンと密接なかかわりがあるからなんです。

    アミノ酸はコラーゲンの3000分の1の大きさで吸収されやすい

    肌のハリを作り出すコラーゲンはアミノ酸がいくつも組み合わさることで構成されています。アミノ酸の大きさはコラーゲンの約3000分の1。コラーゲンは分子の大きさが大きすぎて、なかなか吸収されないと言われていますが、アミノ酸は分子が小さいため吸収されやすいのです。

    よくある「コラーゲンジェル」みたいな名前の化粧品を肌にのせるとなんだか肌がベタついて浸透している感じがしないのですが、これも分子が大きいから。

    リペアジェルは肌に塗ると1時間もしないうちにサラッとした手触りになるのですが、これもアミノ酸の浸透度の高さによるものなのかもしれません。

    アミノ酸がなければコラーゲンは作れない!

    サプリメントやドリンク、化粧品…。コラーゲンそのものを配合した商品はたくさんありますよね。しかし、コラーゲンを食べたり、肌に塗ったりしたからといって、それが肌のコラーゲンになることはありません。

    肌にアミノ酸が必要な最大の理由は「アミノ酸がなければコラーゲンが作れない」から。コラーゲンがそのまま化粧品に配合されていたとしても、皮膚に浸透すると酵素によってアミノ酸に分解されて、それがコラーゲンの元になるのです。

    それなら初めからアミノ酸を化粧品に配合した方が効率がいい、ということになります。リペアジェルはコラーゲンを配合するのではなく、濃厚で質のいいアミノ酸を配合することで、肌自らがコラーゲンを作り出す力をサポートするように作られているのです!

    ちなみにこの原理はサプリメントやドリンクでも同様。実はコラーゲンよりもアミノ酸やプロテインをとった方が肌にはいいんです。

    アミノ酸は天然保湿因子(NMF)の主成分

    皆さんも天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor)という言葉を聞いたことがあると思います。天然保湿因子とは角層と呼ばれる肌の表面にある角質細胞に存在している成分のこと。肌の水分を保つ働きがあります。

    この天然保湿因子が不足すると、肌は乾燥し、肌の角層が持つバリア機能が低下します。すると肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなるのです。

    リペアジェルは自社栽培している無農薬のお米から抽出したアミノ酸生命体を配合しているので、肌のバリア機能を正常化して健やかな肌に導いてくれます。

    実際に肌荒れが慢性化している方やアトピー性皮膚炎で炎症を起こしている方の肌はアミノ酸が不足しているんだそう。体を洗う洗浄料や洗顔料でも「アミノ酸系」が肌に優しいとされているのは肌にもともとある成分だから。リペアジェルが敏感肌の人にもリピートされている理由は肌に優しい天然由来のアミノ酸が含まれているからなんです!

    ただ、質のいいアミノ酸は高価です。アミノ酸系のシャンプーや全身洗浄料なんかも、高いものが多いですよね。リペアジェルが他の化粧品と比べてお高いのもしかたのないことなのかもしれません。

    アミノ酸が肌に必要な理由・まとめ

    アミノ酸が必要な理由、お分かりいただけたでしょうか?アミノ酸は肌そのものを構成している成分なんです。ハリ成分であるコラーゲンもアミノ酸がなければ、作ることはできません。

    またアミノ酸は分子が小さく、肌にすっとなじんでくれるので保湿成分としても優秀。リペアジェルの浸透性の高さの秘密は質のよいアミノ酸にあったのです!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加